トップ画面へ飛ぶボタン

過去の活動

  • H29文化庁事業【能楽】新宿区立愛日小学校

    1月 16th, 2018

    【文化芸術による子供の育成事業~芸術家の派遣事業~】
    1月16日(火)愛日小学校へ中森貫太さんの能楽をコーディネイト。
    牛込地区の小学校は新宿区内でも矢来能楽堂にも近いので必ず6年生で能楽堂を訪問そこで狂言と能を体験するという下地があります。
    この実際に能舞台を見ているのは事前の受けいれにとっても大きく影響します。
    「その時のどうだった?」の問いに「つまらない」と言っていた子も、説明に食い入るようにしながら、面や鼓に積極的に体験していたり。
    中森さんのユーモアあふれる説明に和やかに担任も驚く集中ぶりでした。
    感想も「次はこんなことがしたい」と前向きで、400年まえの能管も篠笛を体験できた男子は、大きい音が出て講師も感心していました。
    事前に体験している子どもたちを前に授業が大変やりやすい様子。
    setting側もうれしく思いました。
    余談ですが、能は650年前に神社やお寺で信者集めとして、イケメンで声の大きく美しく踊れる男子をスカウトして神社などで演じたのがはじまりとか。
    ジャニーズJr.が周りで踊り、嵐や関ジャニが演じるような。
    現在と昔が一致する。「いつの世も見目麗し男子が良いようで」とお話してしてくれる、中森さんの敷居を低くしてる説明。

    あっという間の90分でした。